白い波

​〒321-1421 栃木県日光市所野2848

TEL : 0288-53-0070

FAX : 0288-53-0310

​日光の伝統工芸

IMG_0418.JPG
IMG_0413.JPG

<日光彫>

日光彫の起源は、明確ではありませんが、寛永11年(1634)から同13年(1636)にかけて、三代将軍家光が日光東照宮を現在の荘厳華麗な社殿に造り替えたとき、全国から集められた名匠たちが余技として作ったのが始まりと考えられています。
日光東照宮は、元和3年(1617)に創建されましたが、前記の寛永造替工事は創建の規模を一新するほど大がかりなもので、この造替にあたった大工内夫は延べ168万人、内彫刻大工が40万人におよび、この後も中・小規模の社殿の建築や改修がたびたび行われているため、日光に永住した匠も多かったと思われます。
日光彫りの技法は、ヒッカキ彫をはじめ、ウカシ彫・スカシ彫・マル彫・カゴ彫などの方法がありますが、いずれの彫にも「ヒッカキ」と呼ばれる独特の「三角刀」を用いるのが大きな特色となっています。
ヒッカキは、線彫用の刃物ですが普通の三角刀と異なり、先端を約60度に折り曲げた「切出し」を手前に引いて彫るところから「引掻き」と呼ばれたもので、日光東照宮社殿の修理の際、漆をかき落としにくい個所のために工夫した刃物を、彫刻用に改良したものといわれており、彫りの深い、男性的な曲線を描く日光彫りにはなくてはならない彫刻刀です。
彫の図案に牡丹・菊・梅・桜など、植物が主に用いられているのも日光彫の特色の一つで、ここにも、日光東照宮の彫刻紋様の影響が強くうかがわれます。
木地には、「県の木」でもあるトチノキやカツラ・ホウなどが用いられ、製品は各種盆類のほか、茶たく・菓子器・銘々皿・引き出し・テーブル・花台など、種類も豊富です。
いずれの作品も、手作り感はもちろんのこと、「木」の持つ温かみを生かし、年季の入った職人芸で、男性的でそれでいて繊細な気配りを見せる彫り口は、単なる日用品の域を超えた格調ある作品となっています。

グレーラウンドパターン

Copyright© 日光木彫りの里工芸センター(運営:八千代エンジニヤリング株式会社) All Rights Reserved.