白い波

​〒321-1421 栃木県日光市所野2848

TEL : 0288-53-0070

FAX : 0288-53-0310

ライトウッドパネル
image001-removebg-preview.png

「ヒッカキ」をつかった
日光彫について


日光彫は、江戸時代の東照宮造り替えの際、
全国各地からやってきた彫刻師たちが
余技に作ったのが始まりと言われています。
 
日光彫の技法には、ヒッカキ彫・浮し彫・透し彫・まる彫・かご彫などの
方法がありますが、いずれの彫り方にも「ヒッカキ」と呼ばれる
独特の三角刀を用いるのが特徴です。
 
木地には「県木」のトチノキやカツラ・ホオなどが用いられ、
盆類・引出し物・花台・テーブルなどの他、
新しいデザインを取り入れた製品も数多く作られています。

秋の屋形船

小中学校の修学旅行や社会科見学に日光彫体験を

日光彫は、東照宮の造り替えに起源があり、約400年もの歴史を歩んできた伝統工芸です。東照宮の見学と合わせて、五感を研ぎ澄ましながら日光彫を体験することで、日光をより深く理解することにつながります。
さらに、体験では日光彫ならではの彫刻刀「ヒッカキ」を使い、体験後には彫った作品をお土産として持ち帰れることから、日光の貴重な思い出となります。
ぜひ、修学旅行や社会科見学のプランに加えていただき、日光彫体験をお楽しみください。

※個人の方や小中学校以外の団体様の日光彫体験については、大変申し訳ありませんが現在受け付けておりません(展示の見学は可能です)。

 mekke日光郷土センター(https://www.mekke-nikko.com/nikkobori-carving、0288-25-5715)では受け付けておりますので、そちらにお問い合わせください。

〒321-1421 栃木県日光市所野2848

 

開館時間 午前9時~午後5時

 休館日 毎週木曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

 ※但し5月~10月は無休

お問い合わせ

 TEL : 0288-53-0070

 FAX : 0288-53-0310

Copyright© 日光木彫りの里工芸センター(運営:八千代エンジニヤリング株式会社) All Rights Reserved.